FC2ブログ

一年間の妄想劇その9

以下の文章は架空の物語(フィクション)であり、
作中の人物、団体、名前、地名は実際のものとは異なります。

不安なんて、全然無かった。

妙な安心感が僕を包んでいた。

コンビニによると、

見慣れたご近所さんに会い、

ご挨拶をした。

僕は何かわざわざ見送りにきてくれたのかなと

妄想していた。

ゆっくり車を走らせる。

ふらんそわからのメールも時々くる。

気をつけてねと。

19号を順調に進む。松本あたりで、

雨だったか、

降り始めていて、雨量が多かった。

時々コンビニに寄りながら、

順調に進む。

雨なので高速は使いたくなかった。

中津川のあたりにに着いたのは、

もう夜半だった。

途中のコンビニでナビを蛭川村中心部にセットする。

市街地から山の中の道に入っていく。

更に信号機から、

山の中に入っていく。

所々で、ふらんそわにメールを入れる。

ここがそう?

返事が無い。

また、違う場所に移動して、

それらしき、建物の所でメールする。

返事が無い。

仕方ない、ネットで有名な方とは連絡手段が無かったので、

ここで諦めることにした。

途中山道にナビが誘導したので、

そこに少し車を置ける場所があったので、

そこで休憩を取ることにした。

1時間ほど休んだのか、

急にぶわわーんという怖い感じの音がした。

これはもう動かないとヤバいなと思ったので、

車のエンジンを掛けて、

出発した。

まーた、このナビ、変なのである。

田んぼのあぜ道のような道を誘導するのである。

走っていて、泣きそうになった。

もうここにいく必要は無いので、

しょうがないので、

近くじゃないけど下呂温泉を目指すかと

進路を下呂温泉にした。

ナビをセット。

ひたすら走る。

無事に下呂温泉につく。

宿はもう取れる時間ではなかったので、

コンビニで駐車場があって、トイレのある所って

どこですか?と尋ねたら、

答えてくれたけれど、眠いのと疲れているので、

よく場所が分からなかった。

とりあえず車を動かす。

何か駐車場みたいな所があって、

そこで停めた。

しばらく休んでも、何か落ち着かないのである。

30分くらいで、ネット見て、弁当食って、

また、出発した。

もうこうなると、名古屋のおじさんの所にいくしかないかと

思って、19号をめざして、走った。


つづく!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsuo

Author:tatsuo
管理人が、楽しかったこと、
嬉しかったことを、綴っていきます

ホームページは以下です
tatsuo'sHomePage

note
画像はこちらです

deJH0VZE












--------

リンクは基本的にリンクフリーです。
連絡は要りません。

--------

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる