FC2ブログ

一年間の妄想劇その10

以下の文章は架空の物語(フィクション)であり、
作中の人物、団体、名前、地名は実際のものとは異なります。


順調に名古屋に向かうはずだったのだが、

ここで、何も考えずに、ナビの通りに走ったら、

あれ、これ見たことある・・

ん?これ下呂温泉じゃん?

そう、なぜかグルッと回って、

元に戻ってしまった!

あぁ、何て恐ろしいナビだ・・

仕方がないので、

ナビ切って、

標識を見ながら、名古屋を目指した。

ん、こっちが名古屋。

ん、こっちかな。

あれ、ん?また、戻った?

そう、僕の車はいつのまにか、

下呂を目指して走っていたのである。

もう、

諦めて帰ろうと思って、

自宅に帰るにセットして、

走っていると、

何か高速上がるように誘導してきた。

あたりは明るくなっていた。

で、その時に敵方と味方方の車がいたように感じていたので、

味方方の車の後について走った。

時々ふらんそわからメールが入る。

しかし、走っている時は危なくて、見ることができない。

しばらくすると、

高速降りろ。の、誘導が出た。

仕方ない降りるか、

降りて、車を停めてメールを見る。

トラックに気をつけてね

とメールがあった。

了解。

すると、また高速に上がれと誘導された。

えーっ、またぁ?

仕方がないので高速に上がると、

ホントに僕の車に近づくトラックがいたのである。

あー、こえぇよぉ・・

すぐ味方の車の後につく。

なんとかなった!と、思ったら、

ん?味方のポルシェ?カレラのノーウィング?

これについてけって、

一体どういう敵が来るんだよぉー?

必死に食らいつく。

1.5Lの普通の車で、しかも4WDで、なにすんねん・・

と、ボヤきつつもついてった。

ん、法定速度は当に越していた。

とても、とても、こわかったよ。

何とかついてった僕の車は大したもんだ。

何だかんだ言っても、

軽い車の部類に入っているからかもしれない。

そうしたら、

ようやく高速降りろのナビの誘導。

あぁ、助かった!

もう、ナビの誘導にはこりごりになったので、

ナビ切った。

ふらんそわのメールを見る。

あのトラックの人があぶねー奴だなって、言ってたよ

と、書いてあった。

ふらんそわはやはり能力者さんなのね。


つづく!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsuo

Author:tatsuo
管理人が、楽しかったこと、
嬉しかったことを、綴っていきます

ホームページは以下です
tatsuo'sHomePage

noteに画像を登録してます!
よかったら、覗いてみてください。
画像はこちらへ







--------

リンクは基本的にリンクフリーです。
連絡は要りません。

--------

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
ランキングに参加中です! 1日1回ポチッとな、よろしくお願いします!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる