FC2ブログ

分かっている事をシェアしよう4

いつもご訪問大変ありがとうございます。

詳しい話はご自身でお調べ下さい。

続きます。


じゃ、どうしたら、元の状態に戻れるの?と、いったら、

これは、すべてをまたひっくり返すしかありません。

一旦ひっくり返ったものを、180度なり元にもどすのは大変です。

それも、神様の創造なさったものです。

価値が違います。とても、重たいのです。

元に戻そうとするのは、実はアダムとエバの家庭からすでに始まっていました。

しかし、アベルをカインが殺害することによって、

摂理が延長し、更にひっくり返す物が重くなりました。

ノアの家庭では、本当に凄い信仰を立てたノアと家族が一体化できず、

またもや失敗に終わりました。

やがて、アブラハムの家庭に役割が移ってきます。

アブラハムは象徴献祭には、失敗しましたが、

それ以上の信仰を見せて、自分の子イサクを献祭するという立場に立つことを

通して、サタンを分別した立場に立ちました。

イサクは分別された立場にいるので、献祭はされず、

代わりに雄羊をアブラハムと一緒に献祭し、成功しました。

イサクの子、ヤコブとエソウがこのひっくり返しの摂理を命がけで

勝利します。ヤコブの路程は実に苦労した路程でした。

兄が弟に全面的に愛して、従うということによって、

家庭的なひっくり返しに成功しました。

この成功の秘訣が家族愛です。本当に愛していくと、奇跡が起こります。

ところが、すでにその他のひっくり返っていない家庭が国家を作っていたので、

更に延長し、ひっくり返った家庭を増やして、

民族的にまで広めなくては世界的なひっくり返しが出来ません。

そこで、エジプトで版図を広めながら、モーセが出現して、

カナンの地に戻るための動きがありました。

これが多難を極めて、不平不満をいい、挙句はモーセに従わないイスラエル民族を

何とか率いて、本当なら、モーセの家訓がそのままひっくり返した家庭の

模範となるはずだったけれど、それができなかったので、

十戒を石版に刻んで、律法としましたが、

モーセも途中で倒れて、ヨシュアが率いてカナンの地に入りました。

それから、時代を経て、イエス様が御生誕されました。

その時にはすべての道はローマに通ずと言われた位、交通網が発達し、

また、儒教、仏教などの精神文化が東洋に花開いていた時代でした。

事はひっくり返しで、にわかに信じ難かった、一人の若者に全イスラエル民族が

従えるかどうかでした。

しかし、あれほど待ちわびたメシアを信ずることが出来ないばかりか、

十字架につけて、殺害するに至りました。

ひっくり返すどころか、十字架の重みに全人類が掛けられてしまったのでした。

時は二千年経ち、この真理を明かして下さった方も世を去っています。

今までの涙は持っていって下さいました。

これからは、喜びを持って、神様に恩返ししたいと思っています。


この辺で・・

本当にありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tatsuo

Author:tatsuo
管理人が、楽しかったこと、
嬉しかったことを、綴っていきます

ホームページは以下です
tatsuo'sHomePage

noteに画像を登録してます!
よかったら、覗いてみてください。
画像はこちらへ







--------

リンクは基本的にリンクフリーです。
連絡は要りません。

--------

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
ランキングに参加中です! 1日1回ポチッとな、よろしくお願いします!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる